XMindのShareを使って共有する

Share機能を使うと、XMindで作成したマインドマップを全世界中と共有できます!

Share機能とは?

Share機能とは、XMindで作成したマインドマップをインターネットに公開し、共有できる機能です。共有するために、XMindには標準でアップロード機能が備わっています。共有するマインドマップはウェブブラウザから参照可能で、ファイルをダウンロードすることもできます。

マインドマップをアップロードするには?

1.マインドマップをアップロードするには、XMindのアップロード機能を使用します。アップロード機能は、ファイルメニューの「アップロード」を選択します。
XMindのShareを使って共有する

2.アップロード前にXMindサイトへのログイン認証を求められるので、あらかじめ登録済みのメールアドレスとパスワードを入力します。
XMindのShareを使って共有する

3.アップロードの準備ができたら、コメントやアクセス権の設定ができます。適宜、設定し「アップロード」ボタンを押します。
XMindのShareを使って共有する

スポンサードリンク

4.マインドマップのアップロードが完了するとメッセージが表示されます。
XMindのShareを使って共有する

5.XMindの内部ブラウザが自動的に開き、アップロードされたマインドマップを表示してくれます。WEBブラウザ内でXMindで作成したマインドマップが表示され、ドラッグ&ドロップなどの操作が可能です。
XMindのShareを使って共有する

6.XMindのブラウザを下にスクロールすると、このマインドマップに対するコメントの入力欄や、WEB公開するためのHTMLタグを取得することもできます。
XMindのShareを使って共有する

アップロード・共有機能には、XMind社のサーバーを利用しますが、無償で機能が利用できます。