GanttProject

フリーで利用できるプロジェクト進捗管理ツール、GanttProject。タスクの進捗状況をガントチャートで見やすく表現し管理ができます。また、担当者情報や先行タスクを上手に使うことでプロジェクトの進捗管理に非常に役立つツールです。Javaで作られ手いるソフトウェアですが、ハイスペックPCでなくとも軽快に動作するのも特徴のひとつです。

GanttProjectとは?

GanttProjectガントプロジェクト)とは、ガントチャートを使用した進捗管理が行えるソフトウェア。 たとえば、あるプロジェクトの進捗を管理する場合に、タスク、時間、リソースなどのいくつかの要素をひとつのツールで統合的に管理することにより、 プロジェクトの全体を簡単に見渡せることと、「管理」に掛かる工数やミスなどを最小限に留めることも可能になります。

スポンサードリンク

なかでも便利な機能としては、複数あるタスクに関連性を持たせることにより、このソフトウェア上で一部のスケジュールが修正されると、 それに伴い全体を修正することも可能となります。これまでExcelで作成していたスケジュール表であれば、 一部を直せばすべて手作業によりセル塗りなおしなどの方法で修正していたが、それを自動化してくれます。また、最近のバージョン 1.11(2005.5.5現在)ではウィークエンド設定を行えるようになり、ソフトウェア上でより現実に近いスケジュールの管理を行えるようになりました。

そして、スケジュールを情報共有する際にもっとも大切な、「共通フォーマット」としてのスケジュール表の役割も、 ある程度はカバーしています。作成したスケジュールはXML形式の独自拡張子ファイルの他、PDF、画像、CSVに対応していて、 「印刷」したものを共有するのであれば問題は無いでしょう。

また、FreeMindとのデータコンバートツールも配布されており、今後の発展に非常に期待が持てるソフトウェアです。

ここで説明するよりもまずは使ってみることが一番です。Javaで作られたソフトウェアですがストレス無しに操作できます。

GanttProjectの実行環境

GanttProjectを使用するためには、Java 1.5以上がインストールされている必要があります。
Javaがインストールされていれば、下記のオペレーティングシステムで利用可能です。

  • Windows
  • Mac OS X
  • Linux

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です